クリーニング・スマイルの「大阪平野かいわい物語」

大念仏寺と徳川家康〜大坂夏の陣〜

 

徳川家康が参拝した寺

大念仏寺の山門から見ていちばん奥には、霊明殿(れいめいでん)という建物が立っています。
日本庭園があり、木造のどっしりとしたたたづまいが、歴史の深さを感じさせます。

 

霊明殿瓦注意深く、瓦(かわら)を一枚一枚見ていくと、「葵(あおい)の御紋(ごもん)」が 彫られている瓦がいくつかあることが分かります。

 

これは、いわずと知れた徳川家の家紋です。

 

 

 

どうしてクリーニングスマイルのある大阪平野区に徳川家の家紋が?と意外に思うかもしれません。
大念仏寺は、徳川家康が参拝した寺なのです。

 

大阪冬の陣

ときは江戸時代初期にまで遡(さかのぼ)ります。
戦国時代で混乱していた世は、慶長8年(1603)年、徳川家康が江戸幕府を開いたことで安定しました。

 

家康は長期間にわたって政権を維持することを目指しました。

 

ただ、そのためには、主君にあたる豊臣氏を滅ぼす必要がでてきました。
というのは豊臣家は、朝廷から無断で官位(かんい)を賜(たまわ)ったり、豊臣秀吉が残した財産で兵糧(ひょうろう)や 浪人(ろうにん)を集めるなど、徳川家との対決姿勢を示してきたのです。
両家のわだかまりはつのっていきます。

 

慶長19年(1614年)、豊臣家が再建した方向寺(ほうこうじ)の鐘(かね)に刻まれた文字が、 豊臣家の繁栄を願い、家康の勢いを落とす意味であることが判明します。
家康はこれを、徳川家に対する宣戦布告だと判断します。

 

そのとおり、豊臣家は、全国から浪人10万人を集めていました。武器や兵糧をそろえ、 大坂城にたてこもりました。

 

徳川家は、それを知り、20万人の兵をもって大坂城を取り囲み攻めました。
しかし、二重の堀で囲まれた大坂城を攻めるのは困難で、互いに冬の寒さと食糧不足などで、短期で和解することになりました。

 

いわゆる「大阪冬の陣」と呼ばれる戦いです。

 

 

大阪夏の陣

和平を結んだものの 両家の敵対心は消えるどころか高まっていきました。

 

家康は、 大砲の製造を指示するなど、着々と最終決戦に向けた準備を進めていきます。
3月、京都所司代(きょうとしょしだい)の板倉勝重(いたくらかつしげ)が、豊臣家に不穏(ふおん)な動きが あることを家康に報告します。
豊臣家は、和泉(いずみ)、八尾(やお)、道明寺(どうみょうじ)などで10万人もの軍勢をもって、 徳川家を攻めるつもりであること。
また、多数の浪人を雇ったり、大坂城の堀に柵を設けたり、食料を集めていることも伝えました。

 

この情報を知った家康は激怒し、豊臣家に、浪人の追放か大和への国替(くにが)えを迫ります。
しかし、拒否され、「大坂夏の陣」と呼ばれる最終決戦が幕をあけていきます。

 

5月、家康は二条城を出発、子の秀忠は伏見を出発して、河内に出陣しました。

家康は、平野に到着して、大坂夏の陣の勝利祈願をするために、ここ大念仏寺に立ち寄ったといわれています。
豊臣家を滅ぼし、徳川家の繁栄と江戸幕府の安泰を願ったことでしょう。

 

その頃、道明寺方面で、戦いの火ぶたが切られました。戦火は一気に広がっていきます。

 

大和郡山(やまとこおりやま)、道明寺、八尾、若江(わかえ)などで、徳川方15万5000人、 豊臣方5万5000人ともいわれる大軍が入り乱れ大混乱となりました。

 

平野の地でも激しい戦いがおこなわれました。平野の戦いでは、こんなエピソードも言い伝えられています。

 

豊臣方の武将真田幸村(さなだゆきむら)は、天王寺から平野にかけて家康の軍勢と戦っていました。
その戦いのなかで、平野におびき出し、家康に地雷を踏ませようと計画したのです。家康が平野からの 移動の途中で、樋尻口(ひじりぐち)地蔵堂にて休憩することを予測して、そのお堂に地雷を仕掛けた のでした。
家康は幸村の予想通り、そ地蔵堂で休息し、竈(かまど)で火を炊きはじめます。
しかし、家康が外へ少しの間出ているときに地雷は爆発しました。

 

家康は辛うじて、命を落とさずにすんだのでした。 ちなみに、その爆発で、地蔵の首は近くの全興寺(ぜんこうじ)まで飛んだといわれ、現在でも「首なし地蔵」として祭られています。

 

その後、兵力で不利な豊臣方の武将は次々と戦死し、真田幸村もこの戦いで討ち死にしました。

大坂城は炎上し、陥落します。豊臣家で主権を握っていた豊臣秀頼(とよとみひでより)、淀君(よどぎみ)が 自害して、徳川家の勝利で「大坂夏の陣」は幕を閉じたのでした。

 

霊明殿現在、大念仏寺には、家康のものだと考えられる資料が残されているほか、霊明殿の瓦屋根に、 徳川家の家紋が見られます。

 

江戸時代には大念仏寺は力を持ち、霊明殿、山門、鐘楼堂 (しょうろうどう)など、さまざまなお堂が立てられます。

 

これもは、大坂の夏の陣に勝利を収めた徳川家が、以降、大念仏寺を保護してきたからに他なりません。

 

 

 

徳川家康ゆかりのまち平野区

クリーニングスマイルのある大阪市平野区は、徳川家康にゆかりがあるまちです。 家康のが抱いた壮大な夢や江戸時代幕開けのロマンを感じながら、町を歩いてみるのも よいものですよ。

 

次項も引き続き、「大念仏寺の幽霊の片そで」をご案内しております次ページへ

 

 


<DATA>

「大念仏寺」

(住所)
大阪府大阪市平野区平野上町1丁目7
電話 06−6791−0026
拝観料 無料
拝観時間6:00〜17:00
(※本堂は9:00〜16:30)
            

新着情報

2015/10/07
ホームページを更新しました。

 
店舗一覧情報

大阪市平野区の店舗情報はこちらからご覧下さい。平野区店舗一覧

大阪市東住吉区の店舗情報はこちらからご覧ください。東住吉区店舗情報
大阪市阿倍野区の店舗情報は、こちらからご覧ください。阿倍野区の店舗情報です

 
完全品質保証!
スマイルでは、お客様にご満足いただくため「仕上り品質基準」を設けております。
もしも、洗上がりに不備な点がございましたら、お気に召していただけるまで、スマイルスタッフは喜んで再洗い・再プレスをさせていただきます。完全品質保証ページへ
 
会員募集中!
地域に8万名様以上の会員数のクリーニング・スマイルでは、ビッグな5つの特典がある「スマイル・カード会員」様を募集中です ! 会員募集ページへ
 
WEBクーポン!
クリーニング・スマイルを初めてご利用になる方にWEBクーポンをご用意しております!くわしくは「WEBクーポン」のページをご覧ください。 特典サービスページへ
 
会社概要

株式会社スマイル
〒547-0027 
大阪市平野区平野西
3-8-20
Tel :06-6705-0161
Fax:06-6705-0544

会社概要詳細へ